考えたこと

質問力を高めるための5つのポイント

質問の仕方があんまり良くなくて損してる人って結構多いと感じてます。

一言で質問と言ってもいろんな種類があると思うんだけども、

  1. 情報を得るための質問
  2. コミュニケーションの一環としての質問(どこから来たの〜的な)
  3. 思考を促すための質問(コーチングとかで使われる)

今回はこの中で①の「情報を得るための質問」についてです。

個人的に質問力はめっちゃ大事と思っていて、仕事を進める上で質問力あるかないかで結構差が開くのかな〜と思ったり。

この記事では自分なりに良い質問をするにはどうすればいいかをまとめておこうと思います。

松が思う良い質問をするための5つのポイント

  1. 範囲を限定する
  2. 目的を添える
  3. 端的に伝える
  4. 自分の考えを伝える
  5. WhatじゃなくてWhyやHowを聞く

この5つかな〜と思います。

質問力がないと「相手を困らせる」とかではなく、単純に「自分が適切な情報を得られず損をする」ので、早めに習得したいですね。

①範囲を限定する

まずは質問の範囲を限定する

例えば、

ゴリラ
ゴリラ
このサイトについてアドバイスあったら何かください!

という質問よりも、

ゴリラ
ゴリラ
このサイトのKW選定についてアドバイスあったら何かください!

の方が、範囲が限定されていて答えやすいですよね。

答える側としては質問が限定されてないと、

松
(サイトについて何を答えればいいんだろう、、う〜ん、とりあえずまぁ)良いと思う!

みたいになるわけですねw

まずは「自分が何を聞きたいのか?」を整理して、聞きたい範囲を限定して質問してみる。

②目的を添える

その質問を何のためにしているのか、目的をセットで伝えましょう

例えば、

ゴリラ
ゴリラ
税理士資格を取ろうと思うんですけど、どう思いますか?

という質問も、

「税理士になるために、資格を取ろうと思うんですけど〜」
なのか、
就職に有利と聞いたので、税理士資格を取ろうと思うんですけど〜

で、全然違いますよね笑

前者だったら「そうした方がいいね」ってなるけど、後者だったら「就活が目的だったらもっとコスパの良いアピール方法あると思うよ〜」ってなると思います。

上記は極端な例ですが、こういう目的が欠いた質問って結構あると思います。

  • 不動産投資ってどうですか?
  • ブログを今から始めようと思うんだけど、どう思いますか?
  • ●●の教材って買ったほうがい良いですか?

等々!目的次第で返答が変わるものも多いので、自分が欲しい情報を適切に得るためにも意識したいとこっすね。

③端的に伝える

これはめっちゃあるあるですね…

例えば

ちょっと質問なんですけど、お客さんが以前購入したAという機械があって、その中のBというパーツがあると思うんです。で、それが壊れちゃったらしくて、先週うちで予約をとって修理したらしくて、その時の領収書を再発行したいと言われたのですがそれってできますか?

みたいな…!長い!!笑

さすがに上記は極端な感じですが、情報を整理できてなくて質問が長すぎるケースって結構あります。

領収書の再発行について質問なんですが、先日うちでBの修理をしたお客さんが領収書の再発行したいって言ってまして、それってできますか?

みたいな感じで、まず最初にタイトルみたいな感じで「〜についてなんですけど」を宣言するのおすすめです。

話を受ける側も、「●●について聞かれるんだ」と浮かべながら聞けるので頭に入りやすいので。

そして、できる限り不要な情報は削って端的に質問しましょう。

④自分の考えを伝える

質問をする時に、可能であれば自分の考えも伝えられると◎ですね。正直このスキルは他の項目より難しめだと思います。

というのも「自分の考えを伝える=自分の考えがあるレベルまでは考えている」のが前提レベルだからです。

答えではなく意見を求めるレベルまで考えてないとできないということですね。

例えば、

ゴリラ
ゴリラ
AというプロジェクトとBというプロジェクトどっちが良いと思いますか?

ではなく

ゴリラ
ゴリラ
AというプロジェクトとBというプロジェクトで迷ってて、僕は●●の理由でAの方が良いと思ってるんですけど、どう思いますか?

と聞く感じ。

この要素はめちゃめちゃ大事だと思っています。

質問力が低い人はだいたい答えを聞こうとしてしまうんですよね。それって、「魚のとり方」ではなく「魚」を求めている状態でして。

少し嫌なことを書くと、質の低い質問をする人って「自分の頭で考えてない」ことが多いです。嫌な気持ちにしたらごめん。

でも脳みそで汗かくことを省略しようとしすぎ。

たしかにサクッと答えが欲しくなることもあるけど、答えとかあんまりないし、状況に応じて変わるし。

個人的には、相手よりも自分の方がたくさん考えた!でもわからん…!って時に質問するくらいでもいいと思うんだよなぁ。。

⑤できるだけWhyやHowを聞く

できるだけ「What」ではなく「Why」や「How」を聞くと良いですね。

言い換えると、答えではなく方法や理由、考え方(要は筋道)を聞くということ。

答えを聞くのもアリなんですが、次に問題にぶつかった時に質問せずに応用できるか?なんですよね。

ゴリラ
ゴリラ
AとBどっちがおすすめですか?

と質問されて答えることがあるんだけど、それよりもどういう価値観で、どういう筋道で、どういう根拠でその答えを出したのか聞いた方が次回以降の再現性や応用性高いよね、という。

関係性によってはガンガン質問してもOKとは思う

ここまで質問力を上げるためのポイントを書きましたが、教えてもらうことに正当性がある場合はガンガン質問してもOKと思います。

  1. スクールなどでお金を払って教わる時
  2. コンサルを雇って考えることを外注する時
  3. 同じ会社の人に教えてもらう時

などは、教えてもらうことに一定の正当性があるのでガンガン質問するのは有りだと思います。

とはいえ、思考停止して質の低い質問をするのはお互いのためにならないので避けるべきですが。

「わからないことがわからない」のなら、その状態を説明するのもあり

「考える」ことに慣れていない人は「わからないことがわからない」というパターンに陥ることも多いと思います。特に新しいことを始めたばっかの時とかありがちですよね。

そういう時は「わからないことがわからなくなったので助けてください」っていうのもありかなーと(もちろん上述した教えてもらう正当性がある場合のパターンです)

潔く手綱を渡しちゃう。

教えるのに正当性がある場合「わからないけど聞けない」の時間はお互いにとって損失になります。

考えすぎちゃって長時間聞けなくなるくらいだったら「もう何がなんだかわかりません!」と助けを呼んでもらった方が良い時もありますからね。

考えるのに慣れてない人は紙に書き出すと◎

人は頭の中で考えられることって、想像しているよりも少ないです。「同時に3つ以上のことは考えられない」と言う人もいるくらい。

自分が何を質問したらいいのか?そもそも何が問題で、何に悩んでいるのか?がわからない人は、全て紙に書き出してしまいましょう

これ、個人的にはめっちゃめちゃおすすめです。紙にかくことで思考力は養われます。僕の思考力は紙に養われました。

紙じゃなくてもぶっちゃけ良くて、アウトプットが大事なんですよね。

あの、人に話してる時に勝手に解像度あがってくこととかあるじゃないですか。あれと同じ。

最初は紙に書いて思考を整理していくんですが、何度も何度もやってるとその紙が脳内にそのまま移動する感じになるんすよね。あくまでイメージなんでアレですが。

読んでいただきありがとうございます!

この記事が「いいな」と思っていただけたら、記事で紹介したり、SNSでシェアしてくれたらとっても嬉しいです!発信する原動力になります^^よかったら他の記事も読んでいってください〜